スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
ふ、深過ぎる・・・『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』
Hedwig and the Angry Inch

すごいストーリーです。どうしてこんな話を思いつくのかなと感心するのですが、監督、脚本、そして主演もしているジョン・キャメロン・ミシェルさんの自叙伝的なところもあるらしい。いや、でもベースになるストーリー以外は作ってあるんだろうと思うのですが。こんな複雑な設定が全て実話だったら腰抜かすよ。

hedwig.jpg
Check amazon.com
CAST & CREDITS
Produced: 2001
Directed by: John Cameron Mitchell
Writing credits: John Cameron Mitchell, Stephen Trask
Cast:
Hedwig/Hensel John Cameron Mitchell
Tommy Gnosis: Michael Pitt
Yitzhak: Miriam Shor
Skszp: Stephen Trask
Jacek: Theodore Liscinski
ヘドウィグは一種のカリスマなのか、この映画(舞台)に関する本、DVD、ビデオ、CDなどものすごーい数があるので、こちらにリンクしました。ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ・スペシャル・ボックスという、2万円以上する代物も見つけましたが、一体何が入ってるんでしょうか。
主人公のヘンゼル(ジョン・キャメロン・ミシェル)は、社会主義だった頃の東ドイツに生まれ、アメリカのロックを聴いて育つ。ゲイのミュージシャン達に影響を受け、自らもゲイとして成長する。ベルリンの米軍基地にいたアメリカ軍の将校(だっけ?)に見初められ、アメリカへ連れて行ってもらえそうになるが、男のままでは法的に結婚できないので、性転換手術を受けさせられる。当時、みんな西(資本主義)の社会に行きたがっていたから、ヘンゼルのお母さんも「自由になるためには、後に残して行かなくてはならないものもあるのよ」(それはちんちんとお母さんかいっ)と、息子が性転換するという憂いより、西へ行けるならなんでもしなさいと言わんばかりである。

こうして女になったヘンゼルは、名前もヘドウィグに変え、アメリカに渡るが、結婚した将校は、新しい若い男とデキてしまってヘドウィグを捨てる。生計を立てる為にベビー・シッターをしていたヘドウィグは、トミー(マイケル・ピット)というロック好きの高校生に出会い、この子とバンドを組んで数々の名曲を作り上げるが、トミーはヘドウィッグを裏切り、一緒に作った曲を持ってソロ・デビューし、大スターになってしまう。

こういうのを数奇な運命と言うのではないでしょうか?あまりにいろいろな要素があって、何に共感していいんだかわかりません。中でも難しいのは、性転換することが彼の望みではなかったことと、手術の失敗で小さいおちんちん(the angry inch)が残ってしまったこと、性転換までしてついてきた男に捨てられたことです。

これは、なんというか、斬新というか、圧倒されました。これは、今まで私が触れてきた「ゲイの苦悩」にもう一つ重しを乗せたみたいな感じです。ヘドウィグが、バンドのメンバーとセックスしていると思われるシーンがあって、ヘドウィグの方が入れているように見えるのですが、彼の「アングリー・インチ」は、機能しているのでしょうか。

これはかなり自分のアイデンティティを確立する妨げになるでしょうね。ゲイであっても、女になりたかったのかもわからないし、まだ「アングリー・インチ」も残っちゃってるし、愛する人はそういう「いびつ」な彼を捨てていっちゃうし。

そもそもこの映画を観ようと思ったのは、映画じたばたさんのところで、「『自分の片割れ探し』でここに行き着くのは理想」という感想にインスパイアされたためなのですが、私はじたばたさんの言わんとしていることがわかりませんでした。しかし、ヘドウィグが歌う、「私の片割れは、私と同じ格好をしているのかしら?それとも私と噛みあう様に出来ているのかしら?そういう人がみつかるの?みつかったらまた一つになれるの?」という気持ちは、ジーンとさせられました。

それから、トミーが、ヘドウィグの歌を聴きに来るのですが、その時のトミーの顔!すごく素敵なものを見ているときの、うっとりしたような感じ。そのトミーをじっと見つめながら歌うヘドウィッグ。愛だな、あれは。愛ですよ。

レント』の映画評でも書きましたが、私は基本的にミュージカルの音楽って好きではありません。この映画も、元々オフ・ブロードウェイでロングランになったミュージカルの映画化なので、私にとっては音楽的にはこれは全くロックではない。まあ、実在するロック・バンドでも、特にドラッグ・クイーン系のバンドって、こういう感じで好きではないのですが。ヘドウィクが有名になったトミーのことを「新しいカート・コベイン」と呼ぶんだけど、「いや、全然違うだろ」とか思ってしまいました。しかし、スタイルとしてこれをロックと呼ぶのは非常に抵抗があるというを差し引いても、挿入歌にぐっと来たことは認めなければなりません。*

そういう大まかなところには共感でき、理解もできるのですが、ヘドウィグとデキているらしい、『レント』のシャツを着ていて『レント』のエンジェル役にオーディションに行ってしまうバンドのメンバーの存在意義とか、トミーとヘドウィグの関係とか、ヘドウィグの感情とか、突っ込んだところになると一向にわからない。特に『レント』の彼は非常に重要な役どころだと思うのですが、私はそれが掴みきれなかった。



映画じたばたさんを始めとする、他の方のコメントをお待ちしております。**

Related Article
■クサイと思いつつも感動してしまったミュージカル『レント』
■トミー役のマイケル・ピットがカート・コベインをモデルにした役を演じている『ラスト・デイズ』

*追記:『Angry Inch』は良かった。ヘドウィグのパフォーマンスがグッと来るぜ!

**追記2:キター!映画じたばたのKentaroさんのコメント!すごい、すごい洞察力!ワタクシは今、「映画じたばた」と書いた神棚を作ろうかと思っているくらいです!みなさん、是非コメント欄をチェックチェック!!

**追記3:この映画は、やっぱコアなファンの人が多いようで、Kentaroさんを始めとして、みなさんいいコメントが多いので、是非是非コメント欄をチェックしておくんなまし。

Key Word
ジョン・キャメロン・ミシェル ゲイ ヘドウィグ アングリー・インチ ミュージカル ドラッグ・クイーン
スポンサーサイト
DVD | コメント(15) | 【2006/04/19 10:00】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。