スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
第83回アカデミー・アワード予想!!

academyAward.jpg83rd Academy Award


町山さんのブログを久々に観たら、オスカーの予想をされてました。これを参考にオスカー・ナイトまでに観ていこ~っと。http:は、町山さんの記事のリンクです。

第83回アカデミー賞:町山さんの予想

作品賞 10作
ソーシャル・ネットワーク http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101023
インセプション http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100821
ブラック・スワン http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101209
■英国王のスピーチ http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20110107
■トゥルー・グリット http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101231
トイ・ストーリー3 http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100729
■ブルー・バレンタイン
■ウィンターズ・ボーン http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100625
キッズ・オールライト http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100806
ザ・ファイター http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101217

監督賞 5人
デヴィッド・フィンチャーソーシャル・ネットワーク
クリストファー・ノーランインセプション
■ダーレン・アレノフスキー「ブラック・スワン
■トム・フーパー「英国王のスピーチ」
■ジョエル&イーサン・コーエン「トゥルー・グリット」

主演男優賞 5人
■コリン・ファース「英国王のスピーチ」
ジェシー・アイゼンバーグソーシャル・ネットワーク
■ジェームズ・フランコ「127時間」http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20101119
■ジェフ・ブリッジズ「トゥルー・グリット」
■ライアン・ゴスリング「ブルー・バレンタイン」

主演女優賞 5人
ナタリー・ポートマンブラック・スワン
■ミッシェル・ウィリアムズ「ブルー・バレンタイン」
■ニコール・キッドマン「ラビット・ホール」
■ジェニファー・ローレンス「ウィンターズ・ボーン」
■ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」←彼女は実際は主役だけど映画会社は助演として登録しています。どっちにされるかまだ不明。だから6人目も挙げておきます。
■アネット・ベニング「キッズ・オールライト

助演男優賞 5人
■ジョフリー・ラッシュ「英国王のスピーチ」
クリスチャン・ベイルザ・ファイター
■アンドリュー・ガーフィールド「ソーシャル・ネットワーク
■マーク・ラファーロ「キッズ・オールライト
■ジェレミー・レナー「ザ・タウン」

助演女優賞 5人
■メリッサ・レオ「ザ・ファイター
■ヘレナ・ボナム・カーター「英国王のスピーチ」
■ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」←助演扱いされた場合
■エイミー・アダムズ「ザ・ファイター
ミラ・キュニスブラック・スワン
スポンサーサイト
第83回アカデミー賞 | コメント(0) | 【2011/01/13 04:17】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
第82回アカデミー賞 ベスト&ワースト・ドレス!!
academyAward.jpg
82nd Academy Award

Best & Worst Dress

お約束どおり、女優さんたちのベスト・ドレスとかネットに写真が上がり始めたのですが、ちょっと、ミシェル・ファイファーのドレスって全然注目されてないじゃん!しかもすっごい酔っ払ってて、憶えてないドレスも一杯あったので、ちょっとアタクシの好みをまとめてみました。

Cameron Diaz 2010 OscarCameron Diaz

このドレスは地味でもなく、やり過ぎ感もなく、なかなかいいなと思った。でもキャメロン・ディアズには老け過ぎ。もっと明るいピンクとかブルーとか着れば良かったのに。


charlize Theron 2010 OscarCharlize Theron

色とか形はいいんだけど、このおっぱいのクルクルが気になるなあ。この人すっごい痩せててきれいなんだから、テロテロした素材の、あんまり凝ってないすとーんとしたドレス着ればいいのに。個人的にこのドレス、ワースト・ドレス。


Maggy Gyllenhaal 2010 OscarMaggy Gyllenhaal

でも、これには敵わないだろう!!なんだよこのプリント!!安いスーパーで買ったみたい。こっちの方がワーストNo.1だ。


Anna KendrickCarey Mulligan

Anna Kendrick & Carey Mulligan

それにこの二人。若くてなんでも似合うんだろうに、このドレスかよ~。特に『17歳の肖像』の娘、映画ではすっごいめちゃくちゃ可愛いのに、他の写真見るとおかちめんこな娘だよね~。そのギャップがすごい。

Vera farmigaVera Farmiga

この人も、『縞模様のパジャマの少年』でかっちりしたドレスとかレースがついた帽子とかすっごい似合ってたのに、もうちょっとなんとかなんない?この色といい、デザインといい、今時・・・・。


Helen Mirren 2010 OscarHelen Mirren

今年は若手最悪だけど、年増はがんばってますね~。ヘレン・ミレンってやっぱキレイだよな~。ちゃんと自分に似合う色とか形みたいのをわかっている気がする。クラスがあるよね。


sandra Bullock 2010 OscarSandra Bullock

サンドラ姐さんは決まってた。このドレス、派手じゃないけどデザインがいいし、なにより似合ってる!髪形とかも抑えた感じだけどすごい雰囲気あるし、おちゃらけキャラなのにキメるところはばっちりキメたサンドラ・ブルック見直したよ!


Kathryn Bigelow 2010 OscarKathryn Bigelow

この人58歳だっけ?むちゃくちゃ若いよね。スタイルもいいしさ~。うらやましい。このドレス、悪くはないんだけど、友達の結婚式とかでも見れちゃいそう。ゾーイ・サルダナみたいな、凝り過ぎちゃって逆にしょーもないドレスもアレだけど、もう少し華やかなの着れば良かったのに。「女優じゃなくて、監督だから」っていうところを強調したかったのかしら?


Michelle Pfieffer 2010 OscarMichelle Pfieffer

これが私の一番のお気に入りドレス!質感といい、色といい、最高!この写真だとあんまり良くないんだけど、これしか見つからなかったの。なんでデミ・ムーアが載ってるのに、このミシェル・ファイファーのドレス載ってないんだよ。こっちの方が全然可愛らしくてステキなデザインだと思うんだけど。


他の『プレッシャス』関係の人とか取り上げるまでもないし、ジェニロペとかサラ・ジェシカ・パーカーとかは、いつもどおり自己満の世界だったね~。レイチェル・でこアダムスもヘンなドレス着てたな~良く考えると。男はみんなタキシードだからつまんないよね~。ジェイクくん見るの久々だったけど、なかなかカッコ良かったな。ザックくんはなんかがっかりしちゃった。あの髪型なんとかならん?

今回はいつもより地味でしたよね。ドレスもそうだけど、見世物とかも。不景気だから?
第82回アカデミー賞 | コメント(6) | 【2010/03/10 01:16】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
第82回アカデミー賞予想&受賞ダイジェスト!

academyAward.jpg82nd Academy Award


・・・すっげー二日酔いです・・・。昨夜はオスカー・ナイトということで、オスカー賭博をしながら餃子を食べたのですが、レッド・カーペットのTV放送が始まるのが6時なので、5時ごろから餃子の具を刻み始め、赤ワイン飲みながら餃子包んでたら、ちょぉ~酔っ払った~。頭いてぇぇぇぇ。

第82回アカデミー賞ノミネート&受賞作品

作品賞 [Best Picture]

予想:『17歳の肖像』やっと観れた~。『Precious』は無理そう。でも多分『ハート・ロッカー』が獲るんじゃないかしら。

■アバター
■しあわせの隠れ場所
■第9地区
■17歳の肖像
☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■プレシャス
■ア・シリアス・マン
■Up
■マイレージ、マイライフ

予想通り『ハート・ロッカー』が獲りました!でも、もしかしたら監督賞がビグローに行って、作品賞は『アバター』かなとも思ったんだけど。やっぱ『アバター』ってそれほど評価されてないのね。オスカー・ナイトを一緒にした友達とは、「『ハート・ロッカー』も『アバター』もたいしたことないよな~。あと10年しても残る映画は『イングロリアス・バスターズ』とか『第9地区』だよね~」って言い合ってました。この辺は、カルト映画的に残るよね。

主演男優賞 [Actor in a leading role]

予想:ジョージ・クルーニーもすっごい良かったけど、多分ジェフ・ブリッジズが獲っちゃうだろうなあ。

☆ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート
■ジョージ・クルーニーマイレージ、マイライフ
■Colin Firth『A Single Man』
■モーガン・フリーマン 『Invictus』
■Jeremy Renner 『ハート・ロッカー

これも当たったぜ~!ジェフ・ブリッジズ、スピーチが完全にラバウスキーだ~(笑)。本当にああいう人なのね。友達と「Dude!!」って声援を送ってしまいました。

主演女優賞 [Actress in a leading role]

予想:キャリー・ミリガン、獲るかも。だって、メリル・ストリープは、毎年敬意を表してノミネートされるだけだって話だし、それにこの映画良いかもしれんけどオスカーとかそういう映画じゃない気がするし。『Precious』の人もかなり有力そうだけど、この映画は他の賞も何かしら獲るだろうから、バランス的にどうなんでしょう。ヘレン・ミレンって『The Queen』で獲ったばっかだしな~。サンドラ・ブルックは、格として獲らせてもらえないような気がするんだけど。

☆Sandra Bullock 『しあわせの隠れ場所
■Helen Mirren 『The Last Station』
■Carey Mulligan 『17歳の肖像
■Gabourey Sidibe 『プレシャス
■Meryl Streep 『ジュリー&ジュリア

これは、予想した後色々な記事を読んで、やっぱサンドラ・ブルック来そう、って思ったんだけど、「賭博」やってたんで、大穴でキャリー・ミリガンにしといた。でも英国アカデミーで獲ってたからないかなとは思ったが。サンドラ姉さん、すっごいいいスピーチしたね。ラジー賞獲っちゃう『All About Steve』みたいな映画に平気で出るので「格下」かな、と思ってたんだけど、この人は本当にユーモアのセンスあるんだなあと見直したよ。メリル・ストリープに抱きつこうとして笑わせたり、スピーチも、あんなに感動して泣きそうなのに面白いこと言うし。あと、Thank youのリストみたいのしないで、他のノミニーの女優さんたちのこと何気に褒めたり。衣装も派手過ぎず、地味過ぎず、お化粧もキレイだったし。『The Blind Side』は案外いいかもしれないな。

助演男優賞 [Actor in a supporting role]

予想:クリストフ・ワルツって、助演なの?じゃあ主演は誰よ?ブラピ?影薄いな~今回。これはもうワルツさんに決定じゃない。で、『バスターズ』は他の賞は獲らないと見た。

■Matt Damon 『Invictus』
■Woody Harrelson 『The Messenger
■Christopher Plummer 『The Last Station』
■Stanley Tucci 『The Lovely Bones』
☆Christoph Waltz 『イングロリアス・バスターズ

これはもう、はずした人いないでしょう。『・・・バスターズ』、他の賞は獲ったっけ?そこの予想が当たってるとなんか嬉しい。

助演女優賞 [Actress in a supporting role]

予想:ここ超激戦区だと思います。ヴェラ・ファーミガも、アナ・ケンドリックも、マギー・ジレンホールもみんな良かったもん。しかも観てない『ナイン』と『Prescious』もすごそう、という。私の予想は・・・・モニークか、マギー・ジレンホール!

■ペネロペ・クルスNine
■ヴェラ・ファーミガマイレージ、マイライフ
■マギー・ジレンホールクレイジー・ハート
■Anna Kendrick 『マイレージ、マイライフ
☆Mo Nique 『プレシャス

モニークでした!これも予想しやすかった。主演女優賞に『Precious』はあり得ないと思ったから。モニークは、賞の後のプレス・コンフェレンスで、記者が順々に質問していくのを、「アタシはこのシュガーの質問を先にして、その後このシュガーとこのシュガーの質問に答えるから」って、肝っ玉かあさんみたいに仕切ってて超面白かった。「モニークさん、質問です」って言うと、「イエス、シュガー」ってみんな「シュガー」扱いで(笑)。

監督賞 [Directing]

予想:これはやっぱり『アバター』にいっちゃうのかな。それとも元夫婦の熾烈な争い?個人的には『ハート・ロッカー』イマイチだし、『アバター』は話が時代遅れなので、『マイレージ・・・・』に獲って欲しいですが、それは絶対にあり得ない予感がする。

■アバター James Cameron
☆ハート・ロッカー Kathryn Bigelow
■イングロリアス・バスターズ Quentin Tarantino
■プレシャス Lee Daniels
■マイレージ、マイライフ Jason Reitman

実際、賭博の前に『ハート・ロッカー』にしました。監督賞は絶対ビグローだけど、作品賞はどうなのかな~と思ってた。

長編アニメ賞 [Animated Feature Film]

予想:アニメ苦手です・・・。コラライン観ようと3回トライしたけど、3回とも寝ました・・・・

■Coraline
■Fantastic Mr. Fox
■The Princess and the Frog
■The Secret of Kells
☆Up

これは『Coraline』をピックしたんだけど、『Up』に行っちゃいましたね。

外国語映画賞 [Foreign Language Film]

予想:外国語映画も苦手です....

■Ajami(Israel)
■The Milk of Sorrow(Peru)
■Un Prophete(France)
☆El Secreto de Sus Ojos(Argentina)
■The White Ribbon(Germany)

全然わからないので、唯一プレヴューを観た『The White Ribbon』をピックしたけどはずれた。

脚本賞 [Original Screenplay]

予想:話が面白い、っつったら『バスターズ』じゃん。『シリアス・マン』も興味深かったけど、賞となるとどうなんだろう。他の二つが全くわからないし。

☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■The Messenger
■ア・シリアス・マン
■Up

これもはずしたけど、『ハート・ロッカー』にやらなくていいじゃん、とマジ思う。監督賞と作品賞上げれば充分じゃない。脚本とかは、他の人に上げれば良かったのに。そもそも『ハート・ロッカー』は、話としては面白くないよ。

脚色賞 [Adapted Screenplay]

予想:観たヤツに関して言えばみんな可能性ありそうだけど、話題性から行くと『Precious』かなあ。

■第9地区
■17歳の肖像
■In the Loop
プレシャス
■マイレージ、マイライフ

当たった!

美術賞 [Art Direction]

予想:『アバター』が獲り過ぎないように、他に行くんじゃない?『The Imagination of Doctor Parnassus』あたりとか。ヒースの件もあるし。

☆アバター
■The Imaginarium of Doctor Parnassus
■Nine
■シャーロック・ホームズ
■The Young Victoria

素直に『アバター』が獲ってしまいましたね。やっぱ『アバター』って巷でも「3Dだけの映画」って評価なのかしら。

撮影賞 [Cinematography]

予想:撮影賞は『ハート・ロッカー』に獲って欲しい。『バスターズ』の絵もすごく関心したんだけど、『ハート・ロッカー』って絵に緊迫感があったなあと思う。でも、『The White Ribbon』って予告で観たんだけど、これも凄そうな映画なんだよね~。・・・こうして考えてみると、『アバター』って、やっぱ3Dであるということ以外は余り評価していない自分に気が付く・・・。

■アバター
■Harry Potter and the Half-Blood Prince
☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■The White Ribbon

当たった~。っていうか、『ハート・ロッカー』が獲ってくれて嬉しい。

衣装デザイン賞 [Costume Design]

予想:じぇんじぇんわからん

■Bright Star
■Coco Before Chanel
■The Imaginarium of Doctor Parnassus
■Nine
☆The Young Victoria

わかんなかったけど、賭博用に『The Young Victria』ピックしたから当たったけど、他の人も当たってたので勝ったわけではない。

編集賞 [Film Editing]

予想:編集って、アタシにはどんな基準で選ぶのかわかんない。監督賞も作品賞も獲れなかった優秀な作品に贈るもの?

■アバター
■第9地区
☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■プレシャス

これ、わかんなかったから、『第9地区』にしといた。これもさー、『ハート・ロッカー』以外にあげれば良かったのに。『第9地区』にもなんか獲って欲しかったのになあ。でも最初に言ったように、『第9地区』の方が後世に残る映画になると思うけどネ。

メイクアップ賞 [Makeup]

予想:『アバター』はメイクアップじゃないからダメなのか。

■Il Divo
☆Star Trek
■The Young Victoria

これも賭博用に『Il Divo』を選んだら、まんまと負けました。

作曲賞 [Music (original score)]

予想:曲なんて憶えてないなあ。でも『アバター』はベタだったと思う。

■アバター
■Fantastic Mr. Fox
■ハート・ロッカー
■シャーロック・ホームズ
☆Up

これはわからなかったので、マイミクGOさんの意見を取り入れて『Up』をピックしたので勝ちました!

オリジナル歌曲賞 [Music (original song)]

予想:わからん。

■"Almost There" 『The Princess and the Frog』
■"Down in New Orleans" 『The Princess and the Frog』
■"Loin de Paname" 『Paris 36』
■"Take It All" 『Nine
☆"The Weary Kind" 『
クレイジー・ハート

わからなかったので適当に『クレイジー・ハート』を選んで置いたけど、獲ると思わなかったよ。なんたって『ナイン』観てなかったから。でも『ナイン』ってほとんど何にも獲らなかったような気が。『ナイン』に出てる人が過去にオスカー獲ってる人ばっかりだからかしら?

音響賞(録音賞) [Sound Mixing]

予想:基準はなんなんだろう・・・

■アバター
☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■Star Trek
■Transformers: Revenge of the Fallen

これも賭博用には無難に『ハート・ロッカー』にしといたから当たったけど、なんかどーでもいい賞だな。

音響編集賞 [Sound Editing]

予想:音響賞よりさらにわからん・・・

■アバター
☆ハート・ロッカー
■イングロリアス・バスターズ
■Star Trek
■Up

だからさ~、『ハート・ロッカー』は、作品賞と監督賞をバン!って上げて、こういうおまけみたいな賞は他の映画に上げたらいいのに。

視覚効果賞 [Visual Effects]

予想:「視覚効果」って聞くと、なんのことやらわからんけど、Visual Effectsって言ったらやっぱ『アバター』になっちゃうよなあ。

☆アバター
■第9地区
■Star Trek

これは文句なし、っていうか、『アバター』に上げられる賞って、ぶっちゃけコレしかないよネ。

ドキュメンタリー賞 [Documentary Feature]

予想:他観てないからなんとも言えないけど、『ザ・コーヴ』はパワフルでしたねえ。『Food, Inc.』も相当面白かったけど。

■Burma VJ
☆ザ・コーヴ
■Food, Inc.
■The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers
■Which Way Home

やっぱ獲った!でも、ステージに上がってきた時、映画にも出てた運動家の人が、なんか垂れ幕みたいのを出したので、すぐカメラが他を映していた。まあ、運動家にしてみればオスカーって恰好のプロテストの場だし、オスカーにしてみればお祭りだからあんまりそういうことしてもらいたくないし、ビミョーですね。この映画がアカデミーを獲ったことに、映画のロケ地の太地町の町長と漁協が反発しているということですが、この映画は主旨、主題がどーのこーのじゃなくて、スリリングで本当に面白い映画なのよ。まあ気持ちはわかるけど。

ドキュメンタリー短編賞 [Documentary Short Subject]

予想:へえ~、GMの工場閉鎖に関するドキュメンタリーがあるじゃん。面白そう。

■China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province
■The Last Campaign of Governor Booth Gardner
■The Last Truck: Closing of a GM Plant
☆Music by Prudence
■Rabbit a la Berlin

予想もへったくれもありませんよ~。オスカーにノミネートされた短編だけをまとめて見せる!というなかなかオツな企画がデトロイトの美術館であって、アニメ、ドキュメンタリー、実写の短編だけ観に行けたんだけど、そういう時に限って時間が合わなかったりしてさ~。しょうがないからカンで「今やっぱ中国かな」とテキトーに『China's...』を選んだけど、まんまとはずした。

実写短編賞 [Live Action Short Film]

予想:地味で良くわからない。

■The Door
■Instead of Abracadabra
☆Kavi
■Miracle Fish
■The New Tenants

ホントわかんなくて、『The New Tenants』をあてずっぽ。

アニメーション短編賞 [Animated Short Film]

予想:多分一本も観ないだろうな・・・。

■French Roast
■Granny O'Grimm's Sleeping Beauty
■The Lady and the Reaper
☆Logorama
■A Matter of Loaf and Death

これもあてずっぽで『A Matter of Loaf and Death』をピックして玉砕。

いや~、書いてたら二日酔いも収まってきた。こちらでは、DVDのニュー・リリースがレンタル屋に並ぶのが毎週火曜日なんですけど、明日、『Precious』が出るよのね~。早く観たいわ。オスカー賭博、面白かった。全然わかんないのにピックしなくちゃいけないっていう緊張感もいいし、あと、映画の良し悪しとか好き嫌いじゃなく、「オスカーの事情」を考慮して予想立てる、ってのが面白い。主演女優賞の予想は完全にハズしたなあ。っていうか、わかってたんだけど、なんたって『All About Steve』がすっごい酷そうだったので、こんな映画に出る女にオスカーくれるのかな~ってマジ思って(笑)。

あと、『アバター』は確かに3D以外はしょーもないんだけど、あんだけお金稼いだんだからなんかもっと上げるのかと思ったら、『ハート・ロッカー』の方が凄かったのは予想外だった。それに『ハート・ロッカー』のプロデューサーが悪ノリして出した「『アバター』じゃなくて、『ハート・ロッカー』に投票しよう!」っていうイーメイルが問題になったりとかしてたので、制裁であんまり獲れないかな~とか。

『イングロリアス・バスターズ』は、助演男優賞以外は獲らない!って言う予想が当たったのはすっごい嬉しい。こういうのが「オスカーの事情」って感じがして(笑)。あと脚色賞も、個人的には『マイレージ・マイライフ』がすごい!と思ったんだけど、オスカーの事情を考慮すると『Precious』だろうなって思ったのが来てくれて嬉しい。

今年のオスカーは、見世物があんまり面白くなかったね。ダンスのところとか、酔っ払ってたので寝ちまったよ。ドレスとかも、あんま話題になるほどヒドイ人もいなかったし。シガニー・ウィーバーとか、サンドラ・ブルックとか、結構トシ食ってる人がなかなかステキなドレスを着ていたのが印象的だった。あ!あと、主演男優賞のノミニーを発表するのに、誰だっけ?ミシェル・ファイファー??が赤いドレス着てなかった?あれいいドレスだったよね~。でも逆に、今をときめくヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、マギー・ジレンホールなんかは冴えなかったなあ。シャーリーズ・セロンのドレスも「なんだよ」って。あんなスタイルいいのに。ペネロペなんて、何着てたか思い出せない。

来年もオスカー・ナイトやりたいな。
第82回アカデミー賞 | コメント(0) | 【2010/03/08 22:47】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
映画を作ろう!第一話
Creative Writing - First Story

うちのブログを訪問してくださったしえりさんのブログで、下記のような「おはなし(物語のおおまかなあらすじ)の作り方」が紹介されていて、面白いからチャレンジしてみました。

方法は、まず

意思、清楚、理性、秩序、知恵、
誓約、善良、節度、至誠、生命、
寛容、解放、調和、創造、信頼、
公式、変化、結合、厳格、勇気、
幸運、庇護、治癒、慈愛

と書いた24枚のカードを用意し、裏向きにしてシャッフルし、次のように並べます。
         ┏━┓
         ┃4 ┃
         ┗━┛
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃3 ┃┃1 ┃┃2 ┃┃6 ┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
         ┏━┓
         ┃5 ┃
         ┗━┛
これらはそれぞれ、

1:主人公の現在
2:主人公の近い未来
3:主人公の過去
4:援助者
5:敵対者
6:結末(目的)

を表すとの事。今回出た目は下記の通り。

1:主人公の現在-解放
2:主人公の近い未来-公式の逆
3:主人公の過去-知恵
4:援助者-調和
5:敵対者-創造の逆
6:結末(目的)-信頼

で、私が思いついたのは、以下のストーリー。

主人公は大手の企業に勤めるOL。いい給料もらって、悠々自適に暮らしている。今、狙っている男は、近くの大手企業に勤める男で、既婚であるが、主人公は別に不倫でもなんら気にしない、とばかりにアタック中。主人公に惚れている男は、ちょっと気が弱いため、主人公に相手にしてもらえない。で、主人公は既婚男と希望通り不倫を始めるのだが、お互い縛らない関係だと思っていたら、自分は結婚しているくせに主人公を自分の彼女のように扱い、縛ろうとし、自分の思ったような自由な恋愛はないのね、と主人公は幻滅する・・・・・

これで、一応、1,2,4,5まではクリアしたつもりなのですが、6が思いつかない。3の主人公の過去は、彼女がこんな風になっちゃったのは、昔、慎重に慎重に、計画もちゃんと立てて、みたく上手く恋愛をしていたのだけど、その相手にあっさり婚約を解消されちゃって、現在のような刹那的な恋愛を繰り返すような人になっちゃった、って設定にして、結末は、ちょっと気の弱い男に本当の信頼関係を教えられ、こいつとくっついて大団円、みたいな話にしたいのだけど、その辺のエピソードがなあ。

映画好きのブロ友さんたち、知恵を貸してください。
アホな管理人のブログです。 | コメント(6) | 【2009/09/28 06:13】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
第79回アカデミー賞 遅報

academyAward.jpg
79th Academy Award

ういーっす。去年ほど盛り上がってないんで、半分寝てましたが、去年も書いたんで、今年も書きます。賞のリストはどこでも見られると思いますので、気になったことだけちょちょちょっとね。

■司会のエレンさん
この人、『エレン』っていうトークショーやってるから名前は知ってるけど、苗字わかんない。調べたけど読めないし。DeGeneres だって。でじぇねれす?とにかく、良かったよ、この人。私の友達がこの人のギャグ嫌っていて、「レズだからじゃないわよ、ギャグが嫌いなの!」と主張していたので、カンに触るタイプの人かと思ったら、面白かった。クリント・イーストウッドに「マイスペースに載せたいから、一緒に写真撮っていい?」とかいって、スティーヴン・スピルバーグにシャッター押させるなど、ベタだがほのぼのしていた。去年のホストがめっさつまらなかったので、特にエレンさんには二重丸。

ジョン・C・ライリー、ジャック・ブラック、ウィル・フェレルの歌と踊り
ジョン・C・ライリーが歌が上手いというのは聞いていたけど、面白かったねーこの3人のショウ!

■人間影絵
今年は賞レース以外のものが良かったなあ。この人間がスクリーンの裏で作る影絵、感心したよ。いろんなことを考える人がいるもんだ。

■主演女優賞のプレゼンターをやったフィリップ・シーモア・ホフマン
なんか、寝起きの頭で、ニタニタしながら出てきて、ヘレン・ミレンが舞台の袖に引っ込むとき後ろからついてきているときもニヤニヤしてて、気持ち悪かったなー!

■外国語映画賞の渡辺謙
この人はプレゼンターじゃないんだよね。なんか過去の外国語映画の紹介みたいので出てきたんだが、イタリア人の女優さん?をエスコートして、もー芝居気たっぷりに彼女の手を取って登場!謙さんがんばってんだけど、西洋かぶれし過ぎ!ちょっとこっちが照れてしまったよ。

■助演女優賞のジェニファー・ハドソン
この娘、アメリカン・アイドルの子だって知らなくてさ、いや、きっとすごく嬉しかっただろうね。大抜擢だもんね。で、うちの会社の60過ぎの日本人の重役のおじさんが、この娘好きって言ったのにちょっとビックリして、記憶に残ってしまった。なんかすごいギャップが・・・。本人知らなきゃ面白くもなんともないと思うけどけど、うちの会社では伝説の人なんで、インパクト強い。

■ドキュメンタリー長編賞『不都合な真実』
下手なホラーよりよっぽど怖い、と話題になっていた、アル・ゴアの地球温暖化に関するレポート。観よう、観ようと思っていつもパスしてきたけど、やっぱ観なくちゃ。

■監督賞のマーティン・スコセッシ
この人が一番笑ったよー!撮ってる映画から渋い人なんだと思ってたのに、出てきた途端「サンキュウ、サンキュウ、サンキュウ!!!」って連発。その後弾丸のごとくしゃべり出して、それにあのメガネにまゆ毛が、横山やすし入ってません?その内「殺すでしかし」とか言い出すかと思いました。

Key Words 映画 アカデミー賞
| コメント(2) | 【2007/02/28 22:00】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
袋 ミュージック・インデックス-ディーディー・ラモーン
Dee Dee Ramone

20061227122537.jpgワタクシの長~い人生経験が、「この男はキケンだ・・・」と囁いているにも関わらず、なぜか魅かれてしまうディーディー・ラモーン。あのしゃがれたセクシーな声にそぐわない間延びしたようなしゃべり方。くりくり動く大きい目と、くちゃっと笑うあどけない笑顔!こういう男は、反則です。








■ディーディーがギター&リード・ボーカルでマーキーと共に結成したリメインズの『RAMAINZ Live in NYC』■ディーディーが座ってインタヴューに答えるだけの、ファンにはたまんない1時間『Hey, Is Dee Dee Home?
■ディーディーがホームレス役で出ている映画『What About Me
■ディーディーが書いたスプラッター・ホラー小説『チェルシー・ホラーホテル


■ラモーンズ関連記事はこちら

■その他のバンド/アーティスト・リストはこちら

Key Words
音楽 ロック パンク ディーディー・ラモーン
| コメント(0) | 【2006/12/28 09:00】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

人間性がにじみ出ている記事はこちら!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。