スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| 【--/--/-- --:--】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋
『ソーシャル・ネットワーク』-これが作品賞なのおおおお
The Social Network

「これがオスカーなのおおおお」って友達に言ったら、「オスカーにノミネートされるのって、みんなこんなかんじじゃん?去年の『ハート・ロッカー』だって・・・」って言われて、ああ、そうだなあ、と思った。

Social Network, the
Produced:2010
Director: David Fincher
Writing Credits: Aaron Sorkin, Ben Mezrich
Cast:
Mark Zuckerberg: Jesse Eisenberg
Eduardo Saverin: Andrew Garfield
Sean Parker: Justin Timberlake
フェイスブックを立ち上げたのは20歳そこそこの大学生で、それでビリオネアーになっちゃったって言う話自体は面白いんだけど、そんなにいい映画かなあ。ドキュメンタリーの方が「へえええ」って素直に思ったかもしんない。でもウィキで読んだら、かなりのところはフィクションらしいけど。つかまあ、本人まだ生きてるんだし、こんな究極の「欠陥人間」みたいに描かれたらそりゃあ「フィクション」って言うよな。

でもコレ事実に基づいていたとしても、私にはフィクションにしか思えないよ。20歳そこそこで商売考えて、ミリオン儲けるって計画して、資金繰りして実際に商売やってみるとかさ。ハーバードとか行ってる人って、みんなこうなの?なんかもう環境がこうなので、中にいる人には全く普通のことみたいじゃない。

あと、大学生のドーム(寮)生活とかも、したことないからわかんないし、する機会に恵まれていても、ああいう生活ってイヤだろうな~と思うのでなんか共感しないし。それこそゴマンとあるアメリカのカレッジものの映画観てると、必ずなんちゃらソサエティに入らないとカッコ良くない、みたいのあるじゃん?酒飲まされてとかパンツ脱がされてとか、イニシエーションの儀式に通ったら入れてやる、なんて言われてゲロ吐いたり、ニワトリ持ち歩いたり、なんでそんなことしたいんだろう?っていつも思うよ。

主人公のズッカーバーグも、このソサエティに入りたくて入れてもらえなくて、みたいなコンプレックスから、フェイスブックがんばっちゃったみたいな描き方されているなって私は受け取ったんだけど、その描写がすっごい月並みだなあ、って思った。映画全編通して、このキャラに対する描写が月並みだと思う。頭がいいのに友達できなくて、人にわかってもらえなくて、それでちょっと斜に構えた人間になっちゃって、フェイスブック作って他人同士を繋げることは出来ても、自分は誰とも友達になれない・・・最後、すっごい金持ちになったけど孤独、ってさ~。

そんで、裁判に同席している、新人の女弁護士?だかなんかが、「あなたはイヤなヤツじゃないわ。イヤなヤツになろう、なろうとしているだけよ」なんて言っちゃうんだけど、このセリフはない方が良かったんじゃないかと思う。余りにもフラット。

まあ多分ズッカーバーグは、頭良過ぎて他の人と話してもすぐ退屈しちゃうから集中力ないし、常に新しいことが頭でぐるぐる回っているから人の話とか悠長に聞いていられない。で、ああいう態度に出ると、人からはイヤなヤツって言われるので、段々みんなが言うとおりの自分なんだって信じ始めて、女弁護士が言うように、そういう自分を演じているのだと思うし、人間みんなそういうところあると思うんだけどさ、それを演出で見せて欲しかったなあ、最後にセリフで言わせるんじゃなくて、って思ったの。

あと、こういう切れ者だけども余り人のこと考えないヤツなのを表現するのに、感情のこもらないトーンで早口でしゃべる、っていう演出だったけど、これも使い古されているというか、やっぱ月並みだったなあと思う。

ズッカーバーグ役の子、『イカとクジラ』で見た時から気になっていたし、ジャスティンは『ブラック・スネーク・モーン』で見て役者としてすごいいいなあって思っていたし、デヴィッド・フィンチャーは『セブン』だし、すごい期待していた割りに、ほどほどだったんじゃないかと思うんですけど、どうでしょうか。
第83回アカデミー賞 | コメント(9) | 【2011/01/14 00:54】
本袋 | 映画袋 | 音楽袋 | 記事袋

PREV: ジェシー・アイゼンバーグ出演作品一覧 [映画偉人伝外伝]
NEXT: 第83回アカデミー・アワード予想!!

BOOKSMOVIESMUSIC ALL ARTICLES

It's stupid to say "don't watch it, if you don't like it"!! Click here to return Home!!
コメント
お久しぶりです。
フィンチャー監督は過大評価されすぎと
常々思っております。今作も姫サマの
レヴュウを拝見して劇場では観ない事を
決めました。ありがとうございました。
【2011/01/17 19:58】 URL | ヴィンセント・ハナ #-[ 編集] | page top↑
ヴィンセントさん、

コメ、サンクスです!

そっかー、フィンチャーって、過大評価なのか。そうかもしんないなあ。好きなの『セブン』だけだもん。あ!あと『ファイト・クラブ』もフィンチャーだったっけ?
【2011/01/17 22:07】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
デヴィッド・フィンチャー監督大好きなので、結構期待してたんですが、
・・・うぅーーーーん。
全然ドラマがなくて、盛り上がらなかったし、ただ起こった事象をそのまま
坦々と見せられてもねぇ・・・で?だから?って感じ。
映画にする程の題材とも思えず、何でこんな映画作ったかな?

ボート部の双子とも共同創業者の友達とも、結局はお金で解決したってのがねぇ。
やっぱ世の中金なのか~。


【2011/01/20 00:05】 URL | codomo #yBfrOqTk[ 編集] | page top↑
codomoさん、

ねー。なんだか肩透かしでしたよね。もっと主人公のヘンさって言うか、こんなことになっちゃったのはこの人ヘンだから!でも、最後「可哀想」って思えるように描いて欲しかったなあ~ってか、きっと監督はそのつもりなんだろうけど、全然そう思えなかった。
【2011/01/20 06:46】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
なんとも、いずれにせよ楽しみだな。オレ的にはフィンチャーは”ゾディアック”が最高なんですが。
【2011/01/26 23:21】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
"The Social Network"は、過大評価されているとの声が日本で多いようだ。僕は、Facebookの人気やMark Zuckerbergの注目度がタイムリーであることが大きく影響しているのだろうと思っていたのだが、1月31日のポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」<http://bit.ly/cZKUvR> を聞いて、正しい理由を理解することが出来た。また、この作品は、フィクションとして観なければならなかったようだ。(でも、説明がなければ『市民ケーン』との類似点に気づく一般人は少ないのではないだろうか。)デビット・フィンチャーのファンだし、評価される理由もわかったのだが、作品に対する自分の点数は変わらなかった。
【2011/02/02 21:53】 URL | SHIRO #-[ 編集] | page top↑
SHIROさん、

私の彼氏も、映画の評価は映画オタク度とか、どのくらい古い映画のオマージュを使ってるかとか、時世を反映しているかとかでするんだけど、アタシはあえて自分の感想だけで判断しているので、どんなに思慮深かろうが自分が面白くないと思ったら面白くない。

なんかこの映画のキャラには一切感情移入できなかったのよ。
【2011/02/03 09:22】 URL | チュチュ #-[ 編集] | page top↑
オレは凄く面白かった。ゼア・ウィル・ビー・ブラッドにも通じる。
【2011/02/09 16:00】 URL | GO #-[ 編集] | page top↑
GOさん、

GOさんのレヴュー読んで、全て納得なんだけど、「だから何?」って感じなんだよね~この映画。なんだかしんないけど。
【2011/02/09 22:17】 URL | ちゅちゅ #-[ 編集] | page top↑
コメント、サンクスです!












管理者にだけ表示を許可する

すんません、トラックバック、スパムがひどすぎるんで、全面禁止にしました。トラックバックしたい人は、コメントと共に、自分とこの記事のURLくっつけといてくれればいいすから。
トラックバックURL削除


「嫌いなら観なきゃいいじゃん」と言うほど馬鹿げた理論はない!とアジテイトする『姫のお楽しみ袋』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。